まねき猫日記

預かり猫と預かり主の日常を届けます。

ふくちゃんのクシャミ大噴射と茶太郎の鼻血

Instagram twitter


f:id:gin-huku:20200209070556j:image

2日連続の病院通いに

なってしまいました〜(^_^;)

 

 

 ふくちゃんのクシャミが

止まらず、

(一度に5〜6回連続して出す)

家着のズボンが

霧吹きかかったように

鼻水で濡れて、

「こりゃダメだあ!」

と思い、夕方から病院へ。

 

 

先生も驚くほどの、

クシャミ連発でした。

 

 

で、茶太郎と隔離してない事が

先生にバレてしまい…

たしなめられました〜

(とほほ)

 

 

目薬と、点眼点鼻薬と、

ちょっと良さげな抗生剤

を処方され、

今、症状落ち着いています。

 

 

…………

やれやれと、

ふくちゃんを連れて

家に帰って来たら、

鼻血が落ちていました。

(衝撃)

 


f:id:gin-huku:20200209073725j:image

↑の他に、

クッションにも鼻血点々。

 

 

茶太郎、クシャミし過ぎて、

粘膜を痛めてしまったようです。

 

 

ご飯を食べないのも、

鼻が詰まって、

味がしないからだと

思います。

(と、病院の先生)

 

 

翌日、朝から病院へ〜〜!

ご飯食べない日が丸1日あったので

点滴。

点眼点鼻薬

(冷蔵保存のちょっと良いやつ)

処方されました。

 

 

そして、

またもや、

茶太郎とふくちゃんを

隔離してないことが

バレて、

やんわりと、

たしなめられました〜(大汗)

 

 

鳴かれると、

どうにもこうにも

弱い私です。

鳴き声は大きく無いのですが、

私のメンタル、

ガラスより耐久性なくて、

2にゃんに申し訳無い…

 

 

ふくちゃん隔離した時は

タオルで小屋を覆っているため

彼女の姿が見えず……

ペットロスの入口手前に

立ったような落ち込みに…

(ひえ〜!)

 

 

今は、茶太郎とふくちゃん

代わりばんこに、

隔離してます。(^_^;)

 

 

茶太郎がコタツに籠もったら、

ふくちゃんをフリーに

したりして。

 

 

実家では、

インフルエンザに

家族が罹っても、

みんな一緒にご飯を食べてました。

そして、順番に罹って、

終わったなあ、みたいな感じで。

(のほほん家族ですね)

 

 

隔離に耐性のない、

わたくしです。

早く慣れろ〜!