まねき猫日記

預かり猫と預かり主の日常を届けます。

子猫を拾ったと思ったら子猫じゃなかった

Instagram twitter


f:id:gin-huku:20191228200516j:image

大変な事が起こりました。

求職中なのに猫を拾ったのです。

しかも子猫だと思ったら、

病院で「違いますね」、

と言われました。

 

駅前の商業施設の植え込みの

茂みで、ミャウミャウと

通りかかりに聞こえました。

 

 

母親を呼ぶような声!

ぱっと見、3-4ヶ月でしようか。

※子猫に詳しくない私が言うと、

信憑性の欠片もありません。

 

 

車通りの多い場所なので、

これはイカン!

と思い、猫缶やミルクで

釣ってみたり

(ダメだった)、

 

大物取りさながらの、

ドタバタ。茂みを上から

かき分ける私、

茂みの迷路をくぐる子猫。

 

 

茂みをはなれて、

別の茂みに……

何と、ばら撒かれている

フードがあるではないですか!

 

 

運動神経の鈍い私に

捕まるなんて、

余程、弱っているのでしょう。

糞尿の付いたコートのまま

病院へ。

 

 

「えーと、この子は

子猫じゃないですね。

1-2歳か、それ以上かも…

歯石の感じを見ると、

そうなりますね」

 

 

ええええーーー?!!

 

 

里親探しの難易度が……!

高まりました。

 

 

とはいえ、

現状回復が先です!

・脱水症状

・重度の猫風邪

(鼻水、涙に血まじる)

・2.6キロしかない

 

 

会計の時、

万が一の時にと、

受付の人から

救急動物病院の住所の紙を

貰いましたが、

どうやら、必要なさそうです。

 

 

銀のスプーンのパウチ、

半分くらい食べました。

水もがぶがぶ飲みました。

 

 

人馴れは、

少ーし、してる感じです。

明日から点眼頑張ります!

今日は止めとこう……

 

 

 応援のクリック、ありがとうございます!

何と!

34位まで後退してしまいました。

皆さん更新頑張っているんですね。

よーし、私も!