まねき猫日記

預かり猫と預かり主の日常を届けます。

恐怖のフミフミ

Instagram twitter


f:id:gin-huku:20191126152325j:image

昨晩は、ぎんちゃんでなく、ふくちゃんがやらかしました。今思い出しても、恐ろしい…

 

すっかり恒例になった、夜中にぎんちゃんに起こされる→2にゃんのご飯タイム。

 

食べ終わったふくちゃんに、ちょっと頭をひと撫でしただけで、お尻とんとんして欲しいスイッチが入ってしまいました。

 

こんな夜中に付き合ってられない!

妥協点として、寝転がった私のお腹に乗りなさい! そしたら、お尻トントン出来るでしょ?

 

無理やり私のお腹に乗せられた、ふくちゃんですが、お尻トントンが始まると、うっとりと、私の首ー喉ぼとけをフミフミし始めました!

「痛たたたたた!」

するどい爪が左右交互に伸び縮みするので、彼女の爪を暫く切って無かった私は大後悔。

 

とっさにパジャマの襟を立てて、首をくるみました。これで大丈夫!

 

すると、ふくちゃん、今度は私の唇に両前足を乗せてフミフミし始めました!!

「うひー!!!」

 

ふくちゃん、

顔だけは止めて!!!