まねき猫日記

預かり猫と預かり主の日常を届けます。

ぎんちゃんの枕になった+ふくちゃんのお腹の調子とフードの合わせ技

Instagram twitter


f:id:gin-huku:20191125133544j:image

ふくちゃんは白いマフラーをしています。

何て素敵なんでしょう!

ぎんちゃんの枕になった

ところで昨夜、ぎんちゃんは、またもやコトを起こしました。

 

夜中の2:00にぎんちゃんに起こされて、後からやって来たふくちゃんと一緒にご飯をあげました。カリカリの食いつきが凄かったので、

(これはお代わりするな)

とスタンバイ。

ところが、お代わり無しで、スタスタ行ってしまいました。

「おーい、ぎんちゃん。お代わり、いらんのかぁ?」

無視。

 

ところが4:00過ぎに、ぎんちゃんが枕元に鎮座してるではありませんか!

(ほーら、言わんこっちゃない)

ザラザラとご飯を出してやると、ためらい無く食べ出しました。

 

(こんなに度々起こされたら、かなんなあ。一度、無視して寝とくべき?)

 

こんなことを考えてると、ご飯を食べ終えたぎんちゃんが、寝てる私の肩に、頭を預けて寄りかかって、つまり枕にして、くつろぎだしました。

(ひょえええええ〜?!)

 

こんな事、初めてです。

ふくちゃんと比べて、ベタベタしたスキンシップが少ないぎんちゃんだったので、1秒で骨抜きにされました…。

 

今、地球が大爆発したら、幸せな気持ちのまま死ねる……。そこまで思ってしまいました。恐るべし! ぎんちゃん!!

 

ふくちゃんのお腹の調子とフードの合わせ技

ここからは、下の話になるので、飲食中の方はすみません! 読み飛ばしてください。

※2019.12.3 最後の方に追記しました

 

ふくちゃんは、お腹の弱い猫です。

黒缶を食べてお腹を壊したり、抗生剤の液体タイプを飲んでお腹を壊したりします。

 

ある時、ロイヤルカナン腎臓サポート セレクションの在庫が底を付き、無くなりました。

 

でも、ふくちゃんはキドニーキープの方が、好きなので、このまま、キドニーだけで行こうと思いました。

 

ところが、キドニーキープだけだと、うんちがコロコロしてしまうのです。

 

あれ?! と思ってセレクションを再開すると、元のうんちに戻りました。

 

犬歯しかない、ふくちゃんには、セレクションは消化が悪そうで(想像)食べ辛い(想像)とも思いますが、しばらくは、ロイヤルカナンの腎臓サポートセレクションと、日清のキドニーキープの二本柱で行こうと思います。

 

 

追記

ふくちゃんのうんちがコロコロしてるのは、フードの食べ合わせが原因でなく、水分不足が原因っぽいです。ウェットフードあげたら、柔らかくなるなあと、ふと思い出しました。すみません!