まねき猫日記

預かり猫と預かり主の日常を届けます。

ふくちゃんの声を振り切るのは難しい&三国志2


f:id:gin-huku:20191106203819j:image

火曜日に電話が来ると

言っていたのに、

水曜日も電話が無かったです。

どうなってるの?

カード・システム部は。

 

思い返せば、

私「システム部から、いつ連絡してくれるんですか?」

相手「来週ですねー」

私「来週と言いますと?」

相手「火曜日です」

 

この「火曜日です」

って、

「火曜日(以降)です」

という意味だったのかな?

 

……

今日は午前中に、

図書館もハローワーク

行くつもりでした。

 

朝ご飯を食べ終えると、

ふくちゃんが

「にゃー」

と待っています。

至福のお尻トントン・タイム!

 

「あのね、ふくちゃん。

今日は用事があるんだよ」

「にゃー…」

いつも、図々しい声で

「にゃあー!にゃあー!」

と鳴くのに、

今日に限って、何なの、

その弱々しい憐憫を誘う声は。

 

「仕方ないなあ、

ちょっとだけだよ」

(ちょっとで済むはずがない)

(私も片手でスマホいじるので)

 

気がついたら、

お昼前!!

 

慌てて実家に寄って、

甥っ子の絵本をゲット!

 

業務スーパーで米ゲット!

 

一旦、家に帰って、

お昼ご飯。

食べ終わると、

もう14時前。

 

「ふくちゃん、

ごめんね。

ハローワークに行くからね」

「………にゃー…」

何で今日に限って、

弱々しい声出すの?

 

もう駄目だ…。

私は観念して、

彼女の腰をとんとんしました。

15分くらいして、

振り切るように

家を出ました。

 

そして、

図書館で絵本を返却し、

やっと着いた

駅のホー厶で

気づいたのです。

離職票の他に、

必要な書類があることに!

 

・証明写真2枚

・通帳

・身分証明書(2つ)

 

前もって準備を

していなかった天罰です。

 

駅員さんに「忘れ物しました」

と言って改札を通してもらい、

自転車こいで、

もう一度、家に。

(うう…、にゃんこに、

「帰って来たのー?!」って

騒がれたらどうしよう……)

 

恐る恐る、ドアを開けると、

ふくちゃんも

ぎんちゃんも

大爆睡しておりました。

 

ほっとして、

こそこそと書類を集める私。

 

証明写真をハサミで

切ってる時に、

背中を、

ちょんちょん。

爪で

「こっち向いてよ」

と、催促する猫あり。

 

ドキッとして

振り向くと、

ぎんちゃんでした。

眠りの浅い奴め…

 

とは言え、

ふくちゃんほど、

腰トントンに執着心が無い

彼。

適当にあしらって

(ひどいよー!)

再び駅へ。

 

ハローワークに着いた時には、

精も根も尽き果てておりました。

 

今度こそ、

定年まで勤められる会社に!

と、思いつつも、

心の底では、

家でずっと好きなこと

やってたいなあ…

と思っています。涙

 

よくハブられるタイプなので…

よく八つ当たりされるので…

(そういう体質なの?)

 

………

宮城谷先生の「三国志」3巻、

ちょぴっとしか、

読み進めてません。

 

何か…

孫堅が…

猛烈に活躍してるんですが…

もう無敵かっていうくらいに。

 

ちっとも嬉しくないです。

 

呉の将軍を好きなのって、

広島カープファンですよ。

(「泣き虫弱虫孔明」で、

呉の軍人が広島弁を喋っていた。

ただ、それだけの理由)

 

早く、曹操の前に

軍師が現れますように…!

 

ボロボロの曹操

「今の俺に、

一体何が足りないんだ?」

(軍師だよーー!!)

 

もう、

じゆんいく でも

じゆんゆう でも

かくか   でも

(軍師の漢字分からん)

誰でもいいから、

曹操を助けてあげて!

 

盟友の夏侯惇(かこうとん)は

まだ全然活躍してなくて、

(飾りか君は?)

脳みそ筋肉のイメージしか

ないです…

(失礼千万)