まねき猫日記

預かり猫と預かり主の日常を届けます。

ペット保険会社に電話してみた

Instagram twitter


f:id:gin-huku:20191016171228j:image

これ、ペット保険会社に

送ったぎんちゃんの写真です。

選ぶの大変でした〜

 

・顔がハッキリ分かる

・全身が写ってるもの

 

猫って顔撮りたい時、

大概、足崩してません?

4本足見えない💦

 

 

 

候補にしているペット保険会社に、

電話かけてみました!

2社とも、とても丁寧な対応で感動。

 

聞きたかったのは、

保険の更新時に、

契約を切られるという噂。

 

病気の重くなった仔に、沢山保険金を

渡すのは、会社として損だから、

契約を、途中で切られるのでは…?

 

保険会社の人は

「保険の契約の種類(プラン)によっては、

保険金の使える回数や限度額が、

決まっているものがあります。

それが上限に達してしまうと、

その年の保険は使えなくなります。

 

ですから、重病になったという理由で

契約を打ち切るということは

(当社では)ありませんよ」

 

 

な る ほ ど 。

私はお姉さんの言葉を信じます!

 

 

ペット保険をネットで検索したら、

抜歯手術は、保険外。らしい!

ほえ〜

 

あと、もう一社、

ふくちゃんの掛け捨て保険に

電話をかけてみました。

「ふくちゃんは、腎臓病で…

それで食欲無くなると点滴を

受けに行くのですが、

既往病に関わる処置なので、

保険はおりませんよね?」

 

その間、うんたらかんたら、

お話してたのですが

突然、相手の方が、

「ふくちゃんは、

腎不全ではないですよね?」

と聞いたので、

「腎不全です」

と言ったら、

「あぁ………」

と絶句されて、

「腎不全は、保険に入れないんです」

……………

………

私、うっかりしてたわ!

前から知ってたのに、

ど忘れしてた!!

 

その保険会社の人は、

すごく、気の毒がってくれて、

「もし次の機会、2匹目のペットを飼うことが有りましたら…ぜひ当社にお声かけ下さい…」

と、言ってくれました。

 

 

腎不全っていう言葉、

イヤなんです。

全く動いてないみたいじゃないですか。

腎臓病の方がいい。

ステージ1〜4まで

ありますもん。

 

 

日本のペットの保険加入率は

6%

なんですって。

欧米ではもっと高いそうな。

 

猫を沢山かかえたボランティアさんは、

保険に入る余裕なんて無いと

思うけれど、

里親さんになる人、

これから飼う人が、保険に入ったら、

「動物は保険にかけるもの」

→「大事なもの」

っていう意識が日本に広まって、

捨てられたり、虐待を受ける仔が

減るんじゃないかなあと

思いました。

 

里親会のイベントで、

ペット保険会社の人がパンフレット携えて、

里親に決まった人に

「生活が落ち着きましたら、

是非、ご検討を…」

って声を掛けてもいいのになあ。

(妄想)

 

 

 

ネットでもペット保険の比較サイトが

ありますが、最終的には、生のパンフレットが一番良いですよ。

 

※パンフレットが送られて来たあとに「そろそろ保険決まりましたか?」というメールが各保険会社から送られてきますが、1〜2クリックでメール配信止められます。